道路工事は何のために行うのか

工事が行われる理由

>

迂回ルートを検索しよう

渋滞ができている可能性

狭い道路で工事を行っていると、通行止めになること考えられます。
すると迂回ルートを探さなければいけないので、余計な時間が発生するでしょう。
通行止めになっていなくても、片側一車線だと普段よりも時間が掛かります。
仕事に行く時や友人と約束をしている時など、急いでいる時は最初から迂回ルートを通るのが良い方法です。

ネットで調べると、今どこで工事が行われているのかすぐわかります。
渋滞の情報も入手できるので、混雑している道があったら避けてください。
事前に調べることで、時間を効率良く使えます。
特に仕事の時は例え工事が理由で遅刻しても、認められません。
人間性に問題があると判断されて、自分の評価が下がってしまいます。

スピードを出さない

工事を行っている道路を車で通る時は、ゆっくり運転することを心がけてください。
現場には、たくさん作業している人がいます。
スピードを出すと、急に人が現れた時に停止できません。
すると人にぶつかる事故が起こるので、徐行しながら進むのが正しい運転です。
また作業している人の指示に従いながら、通行することを守りましょう。

停止するように言われたら止まり、良いと言われるまで待ってください。
どこで停止すれば良いのかわからない場合は、車の窓を開けて誘導している人に聞きましょう。
きちんとルールを守っていれば、大きなトラブルが起こることはありません。
作業員は安全に作業できますし、こちらも事故を起こすことなく通行できます。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる