道路工事は何のために行うのか

工事が行われる理由

>

安全に通行できるように

整備されている理由

人間が歩いたり、車を運転したりする時に快適に通れるように工事が行われています。
道路を平らにしてコンクリートで舗装することで、負担を与えることなく通行できています。
もし工事が行われていない状態のままなら道路はデコボコしていますし、歩くにくくなってしまいます。
人間が歩いた場合は足に負担を与えて、すぐに疲れてしまうでしょう。

車を運転している時はもっと大変で、道路がデコボコしていることが原因でハンドルを取られる可能性があります。
すると他の車や壁にぶつかるなど、非常に危険な事故が起こります。
そのような事故を回避するために、日本では工事が常に行われています。
何気なく毎日通っている道に、これからは感謝してください。

イライラしないように

通行に欠かせない道路を整備する工事を、一般使用と呼んでいます。
日本の多くの地域で行われている工事が、これに含まれます。
人間が安全に、そして快適に通行できるようにきちんとした理由があるので、工事にイライラしないでください。
みんなのために工事を行っている人たちは、大変な思いをして作業を進めています。

イライラせずに、工事を応援しましょう。
また興味がある人は、工事業界で働くのも良い方法です。
すると道路を作るのがどんなに大変か、自分の身をもって体験できます。
大変さがわかった時には、道で工事が行われていてもイライラすることはないでしょう。
肉体労働が主ですが、女性でも働く人が増えています。
積極的に、挑戦してみましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる